ビルやマンションの窓にあるあの赤い三角▽ってなに?どんな意味が?

雑学

ムーパパです。

運転中信号待ちをしていた時に、ぼーっと外を眺めていると、ビルの窓についている赤い三角のマークが目に入りました。

あれってよく見るけどなんなんだろう?

ちょっとした知的好奇心から調べてみました!
もしかしたら、知らないのは僕だけでしょうか・・・?w

そんなことないと信じて書きますね! (>▽<;;
すでに知っているよという方も、復習がてら見てやってくださいm(_ _;)m

赤い三角の正体

正式名称

正式名称は消防隊侵入口マークというらしいです!

火災などの非常時に、消防隊に向けて「この窓、破って入ってください!」っていうマークのようです。

建築基準法による設置基準

少し難しい話になってしまいましたが、設置には建築基準法で明確な基準が設けられているのだとか。

消防隊侵入口は3階以上の建物の高さ31メートル以下の部分には設置しなければならないと定められていてるんだそうです。
一般的な”はしご車”が届く高さが31メートルだから、それ以下の高さに設置して、そこから侵入するわけですね!へぇー!へぇー! “φ(・ェ・o)~メモメモ

また、侵入口は道路と歩道を含んで4メートル以上の幅がある面、もしくは空地に面する外壁面に設けることが定められてようです。
はしご車が横に着けなきゃ意味ないですもんね。

そして侵入口同士の間隔は40メートル以内にしなくてはならないようです。


設置出来る窓の大きさの基準

窓の大きさは、 床面から80cm以下の高さに設置された窓で、幅75cm以上、高さ1m20cm以上である必要があるみたいです。
消防士が侵入できる大きさが必要ということですね!窓の位置も高すぎると侵入するときに捻挫とかしそうだから?(屈強な消防士さんはしないか・・・(-_- ))

禁止されていること

侵入口と定めた窓のそばには、侵入を妨げるような物を置いてはいけない
外側から開閉することができない窓には設置できない
割れにくいガラス(防犯ガラスなど)には設置できない

特に物を置かないことは、このステッカーの意味を知らないとやってしまいそうなので、注意しなければなりませんね!

まとめ

いかがでしたか?知っていた方もここまで詳細なルールがあることは知らなかったと思います。
ちなみにムーパパは、なにひとつ知りませんでしたw<( ̄^ ̄)>
30年生きてきても、世の中まだまだ知らないことばかりですね!

消防隊侵入口マークは、普段目にすることはあっても、気に留めない物かもしれません。
ですが、非常時には必要不可欠な物ですし、知らず知らずのうちに、妨げになるようなことをしてしまうかもしれませんので、雑学程度に知っておいたほうがいいでしょう!

身近に知らない方がいたら、少し誇らしげに知識として披露してみてはいかがでしょうか?

少しでも役に立つ情報であったなら幸いです!

ムーパパ

タイトルとURLをコピーしました